2017 Nike Hoop Summit : World Select Team ロスター

2017年04月07日

NCAAトーナメントも終了し、心の半分くらいは早くも来季へと。

今年のNike Hoop Summitは現地4/7にポートランドのモダ・センターで開催されます。
日本時間の明日ですよ明日!
Nike Hoop Summit | Today’s Top Prospects…Tomorrow’s NBA Stars

まずは、World Select Teamのロスターをメモ。USAチームまでたどりつけるのか怪しいけど。汗
Nike Hoop Summit – Rosters

もろもろ情報は公式サイトのロスターのものですが、身長の情報だけ先日の計測結果に差し替えました。けっこう違ってるコとかいたんで。
DraftExpress – 2017 Nike Hoop Summit: World Select Team Measurements

名前からのリンクは、USでプレーしてるコたちはscout.comのプロフィールページ、その他のコたちはdraftexpress(1人だけndadraft.net)のプロフィールページに飛んでます。

名前 / ポジション / 身長 / 国 (プレーしている国) / 年齢 / 進学先

Shai Gilgeous-Alexander / G / 6′ 6 / Canada (US) / 18 / Kentucky
Lindell Wigginton / G / 6′ 2 / Canada (US) / 19 / Iowa State
Nickeil Alexander-Walker / G / 6′ 5.5 / Canada (US) / 18 / Virginia Tech
Angus Glover / G / 6′ 4 / Australia (Australia) / 18 ※4/18追記:ケガのため出場せず※
Tadas Sedekerskis / F / 6′ 9.75 / Lithuania (Spain) / 19
R.J. Barrett / G-F / 6′ 6.5 / Canada (US) / 16
Kostja Mushidi / F / 6′ 5 / Germany (Serbia) / 18
Borisa Simanic / F / 6′ 11.75 / Serbia (Serbia) / 19
Isaiah Hartenstein / F / 7′ 1.25 / Germany (Lithuania) / 18
Felipe Dos Anjos / C / 7′ 3 / Brazil (Spain) / 18
Nick Richards / C / 6′ 11.75 / Jamaica (US) / 19 / Kentucky
Ikechukwu Obiagu / C / 7′ 1.25 / Nigeria (US) / 18 / Florida State
Luguentz Dort / G / 6′ 4 / Canada (US) / 18 ※4/18追記:代替出場※

— ※4/8追記※ —
直前にロスターの入れ替えがあったのに気づいてませんでした…公式サイトのロスターも上の方に貼ったツイートも最新になってたのに、試合終わってから気づいたわ…
オーストラリアのAngus Gloverくんがケガのために出場せず、変わりにカナダのLuguentz Dortが出場しました。
Luguentz Dort Named To World Select Team For Nike Hoop Summit
— ※追記ここまで※ —

USの高校でプレーしていた(いる)コが6人。
そのうち16歳のRJバレットくんのみがClass of 2019。他は全員Class of 2017でNCAA DIの大学に進学が決定しています。
※4/8追記:代替出場のLuguentz DortくんがClass of 2018です※

US以外でプレーしているコたちのうち、ほとんどのコは2018年のMock Draftに入ってたんですが、ドイツのIsaiah Hartensteinくんは今年のMock Draftに入ってました。

Isaiah Hartensteinくんは、ポートランドから100マイルくらいのユージーンというところで生まれ、11歳でドイツに移るまではそこで育ったそうです。パパさんはオレゴン大学でプレーしてたとか。
Germany’s Isaiah Hartenstein Returns To Birthplace For Nike Hoop Summit

オーストラリアのAngus GloverくんはSaint Mary’sにコミットしてたけど(AIS→Saint Mary’s)NCAAでプレーするのを辞めてプロに転向したようです。
Angus Glover the latest Aussie to commit to Saint Mary’s
Angus Glover on the Nike Hoop Summit and bypassing college to turn pro
※4/8追記:Angus Gloverくんはケガのため出場しませんでした※

アタシが気になってるのはもちろんNCAAでプレーする(だろう)コたちなんですが、その中でもカナダ出身の4人。特にRJバレットくんとリンデル・ウィギントンくん。
※4/8追記:代替出場でLuguentz Dortくんが出場したのでカナダ出身の選手は5人でした※

Class of 2019のリクルートランキングトップのRJバレットくんは、Montverde Academyでプレーしています。Sophomoreシーズンが終わったとこ。バレットくんのことは去年のU17代表の時にもちょろっと書きました。
[FIBA] 2016 U17世界選手権 カナダ代表チーム ロスター
また書く機会もあると思うので今日のところは最近のハイライト動画だけ貼っておきます。

んでもう1人。

現時点でのアタシ的2017お気に入りTOP5(6人いるけど)に入ってるリンデル・ウィギントンくんが出場します❤️

今回出場するカナダ出身の4人のうち3人はトロント界隈(オンタリオ州)の出身なんだけど(※4/19追記:代替出場のLuguentz Dortくんはケベック州モントリオール出身)(そもそも今時のカナダ出身の選手はトロント界隈のコが多いんだけど)、リンデルくんは東海岸沿岸のノバスコシア州ダートマスの出身。(余談だけど、カナダ東部のニューブランズウィック州、ノヴァスコシア州、プリンスエドワード島を総称して「沿海州(Maritimes)」って言うらしいよ。)
ノバスコシア州出身のNBA選手はまだいなくって(沿海州全体でもいないらしい)、リンデルくんは地元の期待の星みたいです。
Wigginton gets closer to dream of being 1st Nova Scotian to play in NBA – Nova Scotia – CBC News
Lindell Wigginton shoots, scores | City | Halifax, Nova Scotia | THE COAST

兄ちゃんのロデル・ウィギントンくんは14-15、15-16とバッファロー大でプレーしていたらしく(JuCoからのトランスファー)2年連続でカンファレンスチャンピオン、NCAAトーナメントにも出場。
Hoop dreams: A Nova Scotian in the NCAA | The Chronicle Herald

リンデルくんは地元ダートマスのPrince Andrew High Schoolで1年プレーした後USに移って、3シーズンOak Hill Academyでプレー。来季からはNCAA、Iowa Stateでプレーする予定です。またしてもカワイコちゃん去ってもまたカワイコちゃんなIowa Stateなのです。ほっほっほ。

昨秋Iowa Stateにコミットした時に初めて知って、チラっと見た時から気になってはいたんだけど、乙女心をグッと掴まれたのはこのインタビュー動画見た時でした。(またそれかよ
Oak Hill’s Lindell Wigginton Hungry To Win At National Hoopfest And Beyond | FloHoops

それ以前のことは全然知らなかったんですが、Oak Hill Academyのスターターとしてプレーしたここ2シーズンでメキメキ評価をあげてきたみたいです。

YouTubeで検索すると全部見れるくらいの本数しか動画出てこないから、来季に向けて古い動画せっせと全部見ようと思います。一番古いのは2011年の映像だったよ。

昨季のトロントでのオールスターの時に開催されたBasketball Without Borders Campに参加してたようです。
Nova Scotia teen basketball star most excited for family time at NBA All-Star Weekend – Nova Scotia – CBC News

この時一緒に参加しているShaiくん(カタカナだとシェイかな)も今回のNike Hoop Summitに出場します。

ここ数日の練習やら何やらで、リンデルくん評判いいの❤️

今回のNike Hoop Summitで、USAチームも含めて一番見るのを楽しみにしてるのリンデルくんかもしれません。
カナダ出身の選手たちについては、きっとU19世界選手権の時にでも書けるでしょう。たぶん。


[お知らせ]
このブログの更新をお知らせするためのTwitterアカウントをつくりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)